Pocket

 

 

なつぞら10話の無料動画

 

なつぞらの10話を無料視聴したい!

ついに家に戻ったなつ。

感動の再会から一夜明けて、夕見子との関係も気になるところですね。

 

 

だけど、朝寝坊してなつぞらの時間を見過ごしてしまった。

もう!今すぐ動画を見たい

そんなときに利用したいのは動画配信サイトですね。

 

 

そこで、どんな動画配信サイトで動画を視聴できるのかまとめていきます。

 

こちらから登録で31日間無料で動画が見られます!
無料期間の解約で0円で楽しめますよ

NHKオンデマンドは972円で見放題!

 

U-NEXT

※登録はこちらから⇒U-NEXT公式サイト

 






なつぞら10話を今すぐ見る

ユーネクストなら、「なつぞら 10話」が配信されています。

ユーネクストで「なつぞら」と検索すると、こちらのエピソードの動画があることがわかりますよ。

 

なつぞらの無料動画

 

この画面で見たいエピソードをクリックすると、下の画面に移動します。

 

なつぞら動画の値段

 

 

なつぞら 10話を見ようと思うと、

  • 10話の動画をレンタル:108円
  • NHKオンデマンドの見逃し見放題パック:972円

のどちらかを購入すれば、なつぞらの動画を見れるようになります。

 

 

 

ユーネクストのメリット

なつぞらの10話を見て、なつの新しい生活を見るならこちらのユーネクストを使ってみるといいですよ。

 

ユーネクスト

ユーネクスト

ユーネクストのメリット

 

 

 

 

スポンサードリンク

再放送予定

なつぞら10話を見逃したけど、再放送を見たいならこちらの予定をチェック!

パンドラやデイリーモーションでの視聴

なつと柴田家のみんなの絆がより深まり、本当の家族に一歩近づいているような感じがしますね。

泰樹がなつを想う気持ちは、見ているだけで感動します。

 

 

そんな感動シーンはキレイな動画で見てみたいですね。

でも、手軽にパンドラやデイリーモーションで見てみたいということもあります。

そこで、パンドラやデイリーモーションで動画配信されているのかチェックしていきます。

 

 

パンドラ

 

つまり、パンドラやデイリーモーションでは動画が配信されていないということです。

元々、違法アップロードということもあり、アップロードされてもすぐに削除されていますからね。

 

>>>安全に見る方法は?

 

 

 

スポンサードリンク

なつぞら10話のみどころ

9話を視聴した人がどんな感想を持っていたのかこちらで紹介していきます。

 

本当に泰樹さんのなつへのセリフが泣けます。一見怖そうだけど、一番なつの気持ちを理解しているように思います。

 

https://twitter.com/tmy_nkmr_1224/status/1115891358882045955

 

今回は今までの中で一番泣けましたね。なつの「何で私には家族がいないの?」と言われたら大人は泣くしかないです。

 

 

ナレーションの正体がお父さんだったんですね!そうであって欲しいと思っていたので本当にうれしいです!手紙も泣けました。

 

https://twitter.com/days52378823/status/1115890805850476546

 

本当に嬉しいですよね、ナレーションがお父さんだったなんて、嬉しいです。なっちゃん一人じゃないって思えますね。

 

 

何か夕美子との関係性も変わってきた感じがしましたね。なっちゃんがこれから遠慮する事なく溶け込んでいってほしいです。

 

あらすじ

泰樹は、なつに「うちで取れた牛乳で、世界一のバターを作る。」と宣言します。

そして、若い頃に開拓者として北海道へやってきた時の話をします。

 

 

当時の北海道は、大きな石ばかりが散らばっており、農業ができる土地とは言えませんでした。

そこに、なつが「父親がバターを食べたことがある。」「自分も一緒にバターを作りたい。」と泰樹にお願いすると、泰樹は喜びました。

 

 

翌朝、照夫が搾乳を始めて行います。

牛に蹴られそうになったりして大変でしたが、泰樹は焦らなくてもいい言います。

 

 

戸村親子は、照夫が2代目になりそうだとつい口を滑らせてしまいます。

本来なら、剛男が2代目になるはずも、労働が得意ではないからでした。

 

 

泰樹は、牛乳を福引のガラガラのような道具に入れ、30分回し続けると固形物が出来、それがバターなのだと、なつ達に教えます。

バターは牛乳よりも臭いなどと家族は言って嫌がっていました。

 

 

しかし、富士子は母親が良く作ってくれたじゃがバターをみんなの前で披露すると、みんなはおいしいと言って食べます。

牛乳嫌いの由美子もバタ-を食べることが出来ます。

 

 

バターを雪月に持ち込み、雪之助にホットケーキを作ってもらい大喜びした。

店主がこれからお菓子にバターは欠かせない時代が来るからじゃんじゃん作って売って欲しいと言います。

 

 

しかし泰樹は、『わしは作らん、なつと照男が大きくなって、もっと美味しいバターを作ってくれる事が、わしの夢だ!』と語った。

 

 

翌日、なつが学校へ行くと、今度学校で映画の上映会をすると担任が言います。

漫画映画は面白いと担任や天陽が言うので、なつは楽しみでした。

 

 

スポンサードリンク

10話の感想・評価

キャラ

3.0

小学校の社会科で、一生懸命岩をどかし、土地を開拓する人のイラストが教科書に載っていたのを、今回の放送を見て思い出しました。それが戦前の話だったなんて、驚きました。
泰樹が自分のことを語るということは、なつに心を開いているという証拠だと思いました。泰樹が、最初と比べるとなつに優しくなったのは、なつの戦争の苦労と自身が故郷を出て知らない土地で苦労した記憶が重なったからだと感じました。
照夫は、祖父も父も尊敬するべきだと言う考えのタイプに見えるので、大人に感じました。
だけど、前回自分も搾乳をしたいと泰樹に申し出た勇気は凄かったし、能力のあるなつを羨まないで済むのかなと思いましたが、やっぱりなつをライバル視している気がしました。

キャラ

3.0

泰樹にも夢があったことがわかり、なつが柴田家にきたことで胸の内を明かし、世界一のバタ-を作ると意気込み素敵だった。
カッコイイお爺さんは優しく、なつにとっては一番の居心地のいい場所に思える。

バタ-を作りお店でホットケ-キを食べているシーンはとても貴重なお菓子で、帯広のお菓子を有名にしていくように重ねることが出来ます。

学校で漫画映画が見れることになりポパイの漫画が上映され、なつはアニメに興味を持ってしまうきっかけになりそうです。

キャラ

5.0

本当は自分がバター作りをやりたかった所でしょうが、牛乳もたくさん使う事等を考えて、夢を次の代に託したのでしょう。さすが苦労した人間は思慮深いです。
じいちゃんの歴史も感動的でした。一人で開拓者として富山から北海道に渡ったが、荒れ地をうまく開拓出来ず、心細い思いで、先人が集まる『晩成社』に行きバターに出会い、じいちゃんの夢となったんですね。土地柄、冬はひときわ大変だった事でしょう。そんな過酷な経験が彼の厳しさと優しさを作りあげているのでしょう。 

キャラ

5.0

バターを始めて食べたなつのおいしそうな笑顔が可愛らしく、牛乳嫌いの夕見子もバターのとりこです。
そして東京で父親が作ってくれたホットケーキを雪月の主人が作ってくれて、なつの周りには本当にほのぼのとしたいい人がそろっていると感じました。
学校で開かれた漫画映画は、なつの運命を大きく変えるものとなるようで、なつが将来酪農を継ぐのか、それとも漫画の世界に飛び込むかの分かれ目となる日がこの時で、まさに運命の時です。
衝撃を受けたなつは、泰樹の夢であるバターを作ることになるのか、それとも絵の道に進むのか、これからが楽しみです。

キャラ

4.0

泰樹は、自分の夢をなつに語り、なつにその夢を一緒に追いかけてもらいたいと願っているように感じた。泰樹がなつへ心を許しているようで、とてもうれしい気持ちになった。長男の照男は、なつが働く姿を見て、自分の役割がなくなったり立場が危なくなるのではないかと焦っているようで、子どもらしくて可愛い。小畑家で泰樹が言った、「このバターは、なつたちの世代が開拓して作って売ればよい。それが俺の夢だ」という言葉に、なつは心を動かされて、バター作りを目標にしたいと健気に思っている姿がかわいらしい。

 

まとめ

 

放送後にアップしていきます。